確定申告(事業所得)で申告漏れが多い業種は何ですか?

1 確定申告(事業所得)の税務調査結果

確定申告で事業所得の申告をしている方は沢山いらっしゃると存じます。
令和4年11月、国税庁は、令和2年7月1日から令和3年6月末までの間の
税務署が行った個人に対する調査結果について発表いたしました。

その中で、事業所得を有する個人の1件当たりの申告漏れ所得金額が⾼額な業種も
発表していますのでその内容お伝えしたいと思います。

2 確定申告の漏れが多い10業種

それによりますと、1 件 当 た り の申 告 漏 れ所 得 ⾦ 額が一番大きかった業種は、
経営コンサルタントで、1件当たりの申告漏れ所得金額は2,266円、加算税を含めた追徴税額は611万円でした。
2位は、システムエンジニアで、1件当たりの申告漏れ所得金額は2,150万円、加算税を含めた追徴税額は519万円でした。
3位は、ブリーダーで、1件当たりの申告漏れ所得金額は2,136万円、加算税を含めた追徴税額は518万円でした。

4位以下は業種のみ記載しますと、
4位、商工業デザイナー
5位、不 動 産 代 理 仲 介業
6位、外構工事
7位、型枠工事
8位、機械部品受託加工
9位、一般貨物自動車運送
10位、司法書士、行政書士
となっています。

3 確定申告のご参考

昨年の1位は、プログラマーでした。
あなたが営む業種は確定申告の漏れが多い業種の中に入っていましたでしょうか?
以上、国税庁の発表内容をお伝えいたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)